小泉としひろ後援会公式ホームページ - 小諸に誇りをとりもどす!
RSS フォローする ファンになる

最新記事

総決起大会
森山地区の役員会
事務所開きを行いました
「勢」をもって邁進します!
第1号の推薦状

カテゴリー

マスコミ
嬉しい出来事
家族
後援会活動
検索エンジンの供給元:

ぷらいど日誌

総決起大会

3月26日に後援会の総決起大会を開催いたしました。
思いがけず、大勢の後援会・支援者の皆さまにご参集いただき、椅子が足りず立ち見の方も出るほどで大変感激いたしました。

ご来賓の先生方には、井出庸生代議士をはじめ、小諸市区、佐久・北佐久郡区から選出された県議会議員、県行政書士政治連盟会長、井出正一先生(ご子息平さんによるメッセージ代読)などから、心温まる、そして過分なる激励のお言葉をいただきました。

私は決意表明をさせていただき、立候補するに至った思いやこれからの小諸をどのようにするのかを述べさせていただきました。


告示まであと1週間足らず、全力で頑張ってまいります!

森山地区の役員会

昨晩は森山支部の役員・支援者集会でした。

一日のお仕事を終えたお疲れの中を90名以上の役員方々が、私を支援してくださるためにご参集下さりました。

本当に心強いです。

小諸を愛するがゆえに、小諸を変えなければならないと思う多くの人と共に一生懸命頑張ります!

森山の皆さん、ありがとうございます!





事務所開きを行いました

27日に事務所開きを行いました。

後援会の同志の皆さんも100名以上に集まっていただき、神事と開所のセレモニーを行いました。

天気予報では寒い日になるとのことでしたが、お陰様で風もなく暖かい日となりました。... このまま小諸市政に暖かい南風をおくりたいと思います。

皆様のお越しをお待ちしております。

小諸市和田869-1
(旧「し奈の」あと)
 電話 0267-31-5562 
  FAX 0267-31-5563

「勢」をもって邁進します!

先日の「事務所開き」でお披露目させていただいた「勢」の額。

これは三重県鈴鹿市の椿大神社の山本行恭宮司が私に揮毫してくださったものです。

椿大神社は、平安と幸福を招く「みちびきの祖神」である猿田彦大神を祀る神社。

小諸市に平安と幸福をみちびくため、このまま勢いをもって邁進します!








第1号の推薦状

おはようございます。小泉としひろです。

昨日は大変嬉しいことに日本行政書士政治連盟及び長野県行政書士政治連盟から、小諸市長選挙について推薦状をいただきました。

推薦状第1号です!


わざわざ私の事務所にお出かけいただきました県政連会長の和田英幸先生と佐久支部長の木内和政先生、ありがとうございました。

子どもたちからのプレゼント

今日子どもたちからとてもうれしいプレゼントがありました。

写真のブランド物のネクタイ。それも2本です。
シルクで光沢のあるそれは、私にはもったいない高価な贈り物です。



ホントは昨年1月に銀婚式を迎えた私たち夫婦に小旅行をプレゼントすべく、学業が忙しい中それぞれがアルバイトをして資金を貯めてくれました。

私たち夫婦は子どもたちに最低限の学生生活を送らせることはできても、他の学生さんのように遊びや旅行など青春を謳歌させられるほどの器量は持ち合わせていなかったため、ぜひ自分たちのために使って欲しいと有り難いその申し出を辞退していました。

しかし、今回のプレゼントはその大切な資金を使って買い物をしてくれました。

今回の私の決断に、最初は反対もありましたが、今では子どもたちも理解をしてくれ、心から応援してくれています。

本当に幸せ者です・・・(涙)。

ここ一番の“勝負服”ならぬ“勝負ネクタイ”で、お父さんは頑張るぞ!







記者会見(出馬表明!?)

こんばんは。小泉としひろです。

数年前までは、毎日のようにブログを書いていましたが、Facebookをやるようになってからは、ご無沙汰しています。

これからできる限り毎日すこしづつ書いていこうと思いますので、お付き合いください。


最初の記事に相応しいかどうかはとともかく、来週12日(金)に『記者会見』を行います。今回は、この記者会見に関する記事を書きたいと思います。


さて、皆さん、想像してみてください。あなたは選挙に出ることにしました・・・。

そのことを嗅ぎつけた新聞記者は、あなたに取材を申し込み、取材をしました。
通常、選挙に出る側からすれば、最初の新聞等マスコミの取材を受け、記事が出る段階では既に気持ちは120%「出馬」するつもりです。

しかし、翌日の新聞には「00氏、出馬の意向」と書かれます。
あなたは少し違和感を持ちつつ、自分が記者さん達に「私は選挙に出ます」と言ったのだから、「出馬の意向か。間違ってはいないな」と思います。

しばらくすると、あなたはマスコミから「出馬会見はいつですか?」と聞かれます。
あなたは「先日マスコミの取材に応じたのだから、終わったのでは?」と思うことでしょう。

実は、大概の場合この出馬会見を行わないと「(正式な)