会社名 - キャッチコピーなど
都市こもろ
(小諸版ウエルネス・シティ)を目指して!
                                                                                
 人口減少・少子化・高齢化と共に小諸市を取り巻く環境には多くの課題があります。
  小諸市がこれからも持続可能なまちであり続けるため、人々から選ばれるまちであるための礎を今ここで構築することが急務です。
 そこで小諸市の今後のビジョン・あり方として「健幸都市こもろ(小諸版ウエルネス・シティ)=市民が健康で生きがいを持ち、安心・安全で豊かな人生を営むまち」を提言します。
 その実現に向けた6つの柱・政策を基本に、市民一人ひとりの持つ力を結集しつつ、戦略的に実行・実現していきます。

小 泉 俊 博 



           

⇩ 基本政策の詳細はこちら ⇩

2020年2月9日発表


◆小泉としひろの基本姿勢】

①民間の発想と着眼点で
「ワクワク」する市政を創り、行動します
「官」から、意欲ある住民主体の「民」の発想へ。柔軟でスピード感のある着眼点で取り組み、戦略的かつ効率的な市政運営を進めます。「ワクワク」するような新しいかたちの「こもろ市政」を創り、誠実に行動します。

②地域の課題解決に
「市民とともに協働」で取り組みま
「地域のみなさんの持つチカラ」を活かし、行政がそれを増幅していくことが、真の意味での「強い地域づくり」につながると考えます。身近な課題に市民の皆さんと一緒に取り組み、地域の力の向上に努めます。また、努力して頑張っている人や団体、企業を応援する小諸市を創り、まち全体に元気をとりもどします。

政財官産学連携や広域連携の
「太いパイプ」を市政戦略に活かします
政財官ならびに産学との連携強化を図ると共に、地域における様々な広域連携をこれまで以上に密にし、市政戦略に活かして小諸市の力に変えます。


◆小泉としひろの6つの柱 健幸都市こもろ形成のために】

1.心豊かで自立した人が育つまち【子育て・教育】
2.豊かな自然と環境を未来につなぐまち【環境】
3.全ての人のいのちが輝くまち【健康・福祉】
4.稼ぐ力をもった元気なまち【産業・交流】
5.安全・安心で暮らしやすいまち【生活基盤整備】
6.市民協働で支える健全な行政経営【協働・行政経営】


【実行に向けた手法の基本方針(原則)

①知恵を出し、汗をかき、人材や資産の活用、市民の参加協働によって最小の経費で最大の効果を上げていきます
②小諸の良さや魅力を戦略的・効果的に宣伝、周知するシティープロモーションでは、テレビ番組、新聞記事、インターネットなどの費用のかからない無料媒体を徹底活用していきます
③客観的な「数値」設定を心掛けることにより、「見える化された」目標達成度による検証を行います

健幸都市こもろの概念図
↓基本政策の詳細はこちら



(PDF形式 1.3MB)